2010年09月09日

中古車販売店のスーパカー

中古車販売店の駐車場で並んでいる車の中で、スーパーカーの「ランボルギーニカウンタック」一台混じっていれば、誰の目にもわかりますし、区別も出来るでしょう。

将来サッカーでいろんなセレクションを受けることも多くなると思いますが、セレクション時間は短いですし、評価をする人間も全体を一辺にみることはできません。

そんな中で「ランボルギーニ」や「ポルシェ」で登場するのか、やっと区別がつく「クラウン級」で登場するのか?はたまたそのた大勢の「中古車」のままなのか?

簡単にボールをさばいたり、足が速かったりなんてのは、所詮「クラウン級」なのではないでしょうか?

誰が見てもこいつはスーパーカーだ!なんて選手の一人になるには「技術で圧倒する」ことも一つの方法となると思います。

先日の日本代表戦で出場した、セクシーフットボールの申し子で野洲高校出身の乾や個人技重視で「パス禁止令」のFCみやぎバルセロナ出身の香川は、高校時代は「スーパーカー」だったと思います。


posted by ドリドリ at 10:52| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。