2010年06月28日

狂気の左サイドバック

日本ではサイドバックが育たないと言われる中で、日本のサイドバック最強の「狂気の左サイドバック」と呼ばれる男がいる。

私が密かに尊敬している都並敏史その人である。

今朝のTVで都並が日本がいかにパラグアイと戦えばいいかを解説していた。
要点はボールを奪ったら7秒以内で、パスは3本、ボールを持ちすぎない、だそうである。

私はそれを聞いて愕然とした。
確か彼は日本サッカー協会指導者最高峰であるS級を持っているはずである。

以前に協会でボールを奪ったら6秒以内で攻撃する!、パスは3本で素早く攻めるといった指導があったことを思い出すのだけれど、この戦術のソースは確かFA公認の「ザ・ウイニング・フォームミュラ」であったと記憶しているが、著者のヒユーズはFAコーチングデレクターの育成責任者であった。

彼は「多くのゴールは5本以内のパスから生まれる」とし、ダイレクトプレーの重要性を説いたのである。

しかし、その後この説は一面真実を含むが、数字を使った単純なトリックであると言われている。

説明は長くなるの省略するが、パスが5本以内というデータは、ボールを奪取した位置が高いことが要因であり、パスの数が多くなると得点立が激減するわけではないということなのである。

興味のある方は是非お調べ頂くと非常に面白いと思う。

また、「ボールを持ちすぎない」理由は、ボールを持ちすぎると、相手にデレイ(DFがすぐに取りに行かないで、自分の味方がくるまで遅らせて、数的有利になるまで我慢する)されてしまうからだそうである。

ようするに、仕掛けないでパスをしろということでなのだろうか?

それではいつまでたっても、攻撃として数的有利は訪れないと思うし、相手をドリでかわすことによりはじめて、攻撃の数的有利性が高まるし、確かにそれはリスクを伴うがリスクを伴わない攻撃はあり得ないわけである。

「ボールも動くし、人も動く」とは、オシムが日本中に広めたし、走る!といったサッカーの原点を思い起こさせてくれた人であることは、皆さんがご存じの通りである。

しかし、バルサは「人も動くしボールも動く」が、人の動きは最小限であると言われている。
ボールを奪取した瞬間は、相手も味方も入り乱れたスペースと時間のない空間であり、そこからボールをポゼッションするには、味方が大きく動き出して、そこへボールを供給する余裕がないので、最小限に動きギャップに顔出しをして、ダイレクトパスで密集を抜け出す戦術だという。

これをやるには、相当な個人技とボールコントロールが必要となり、それを苦もなくやっているように見える、イニエスタやチャビやメッシ達はカンテラ(下部組織)から一緒にやってきたからだとも言われるし、バルサがバルサのサッカーを継承しているのは、下部組織もトップチームも同じサッカーを目指しているからである。

予選リーグを勝ち抜いた日本サッカーはけっして、テクニックとインテリジュンスとアイデアのサッカーではなかったと思うけれど、結果が出てしまえば、これが継承されるのであろうし、これから日本のサッカーはどこへむかうのであろうか?

posted by ドリドリ at 18:03| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。