2010年09月15日

伝言ゲーム

突破塾の練習は、かなり特殊なのかもしれない。
もちろん我々はそうは思ってはいないのだけれど、2時間の練習で1時間以上はリフテングとボールコントロールをひたすらやり込む。

2時間で5000回以上のボールタッチをするので、ボールを使わないアップはしないし、ゲーム形式もほとんどない。
ただし、1対2や2対3、時には3対5といった、攻撃側が数的不利の状況でのドリブルとショートパスの練習をすることがあり、それは「ボール扱いが上手い」というだけでなく、「実戦で使える」ということが大前提だからである。

この練習方法は、全国各地で「技術系」と言われるチームから直接学んできたメッソド(方法)であり、本や人づてでのものではない。

とはいえ、総本山の日本サッカー協会の指導方法をなえがしろにしているつもりはないし、昔は伝達会等の出席もした。

只、伝達会等の出席をした時に感じたのは、これだけ大きな組織となると、一番最初に「伝える人」の講習が、多くの人を伝わってくるあいだに、多くの人のフィルターがかかってしまい、我々のところに届く頃には、伝達の「最初の人の思い」とは随分と変わってしまっているのではないかということであった。

「佐藤さんが犬にかまれて、逃げ回った」と最初につたえたのが、最後の人には「山田さんは、猫を噛んで走って逃げた」と伝わる、いわゆる伝言ゲームのようになってしまっていないかということである。

サッカーに「魔法の練習方法」やネットのキャッチコピー「10日間であなたもドリブラー」なんて方法も存在しないと思うし、そこにあるのは「たゆまぬ努力」と「日々精進」であり、そこに指導者の「忍耐」もつけ加えられるかもしれません。

さて、ドリブル突破塾ではこのコンセプトに沿って、「ボールを持つことにストレスを感じない選手」「テクニックには頼るが、スピードには頼らない」の育成と、新潟からもJリーガや日本代表を輩出したいということだけは確かだということで、それを笑う人は多いかもしれないけれど、笑っているあいだは、一歩も前に進んでいないということでもあろう。

posted by ドリドリ at 00:08| 新潟 ☀| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

我が名は三流

我が名は”三流” 故にチームに戦力として欲される事、一度も無し。自ら出向くのみ。

我が名は”三流” 故に特定のチームにこだわる事、一切無し。常に最高のプレーを試みるのみ。

我が名は”三流” 故に一流に破れて失うもの何も無し。一心不乱に勝利を追従するのみ。

我が名は”三流” 故に強者に挑戦する事以外、取り柄無し。馬鹿にされる事に誇りを感じるのみ。

我が名は”三流” 故に敗者になるを恐れる事、まるで無し。罵る者をただ嘲笑うのみ。

我が名は”三流” 故に牙を常に研ぎ続ける事、休み無し。番狂わせに一興を感じるのみ。

我が名は”三流” 故に立ち止まる事、知る由も無し。荒野を駆け抜けるのみ。

我が名は”三流” 故に死して屍拾う者無し。ただ戦場の朝霧の如く消え行くのみ。

@tecnico_ida
posted by ドリドリ at 03:21| 新潟 ☔| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

天才は、19回目でまだ直す目を持っている

イヴ・サンローランは、20回縫い直す

天才は、19回目でまだ直す目を持っている

天才は、どんなに完璧に見えるものでも、直すべきところを見つける厳しい目を持っています

中谷彰宏

我がチーム“バンレオール岡部”では、毎日2時間の練習のうち1時間はボールタッチ、ドリブル、リフティングにあてている。他人が10回触ったら、自分は11回触ろう。ブラジル人が1000回ボールを触るなら、俺たちは10000回触ろう、そういう発想で徹底的にボールを触ることにこだわっている。

天才ではない選手たちが、小さいころからストリートサッカーに慣れ親しんでない日本人が、才能豊かなエリートたちや欧米の屈強な選手よりも抜きんでるためには、この方法しかないと信じて練習に励んでいる。

こんなことわざがある。

「十で神童 十五で才子 二十過ぎれば只の人」

意味:小さいころ非常に優れていると思われていた子も、たいていは成長すると共に普通の人になってしまうこと

思うに、大事なのは10歳の時の評価や、15歳の時の肩書きではなく、その後どのように成長できるか、ではないかと。

そのためには、日々研鑽、全力で怠ることのない努力、それに尽きると。

その取り組み方・態度を持ってして徹底的にボールコントロール、ドリブルにこだわる。

中学時代、3年間全国はおろか東海大会にも出場できなかった選手たちが、高校3年生になった今、インターハイや高円宮杯で躍動しているという事実が、そのメソッドの有効性を証明している。高円宮杯全国大会登録メンバー30名のうち、10名がその時の選手だ。中学時代レギュラーじゃなかった選手もいる。

大事なのは、これが正しいと強く思う信念と継続、これしかない。

tecnico_ida
posted by ドリドリ at 02:29| 新潟 ☀| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

中古車販売店のスーパカー

中古車販売店の駐車場で並んでいる車の中で、スーパーカーの「ランボルギーニカウンタック」一台混じっていれば、誰の目にもわかりますし、区別も出来るでしょう。

将来サッカーでいろんなセレクションを受けることも多くなると思いますが、セレクション時間は短いですし、評価をする人間も全体を一辺にみることはできません。

そんな中で「ランボルギーニ」や「ポルシェ」で登場するのか、やっと区別がつく「クラウン級」で登場するのか?はたまたそのた大勢の「中古車」のままなのか?

簡単にボールをさばいたり、足が速かったりなんてのは、所詮「クラウン級」なのではないでしょうか?

誰が見てもこいつはスーパーカーだ!なんて選手の一人になるには「技術で圧倒する」ことも一つの方法となると思います。

先日の日本代表戦で出場した、セクシーフットボールの申し子で野洲高校出身の乾や個人技重視で「パス禁止令」のFCみやぎバルセロナ出身の香川は、高校時代は「スーパーカー」だったと思います。


posted by ドリドリ at 10:52| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

「加藤諦三」さんについて

小学生の頃「読書」は大嫌いだった。

その原因はわかっている・・・。

クラス対抗で図書館からどれだけ多くの本を借りられるか(読むか?)を、学級で競うのである。
私は幼心にも「なんとなくの違和感」と「胡散臭さ」があり、クラスの全員から「なんで本を借りないんだ?うちのクラスが負けちゃうだろう!」と非難されても、けっして借りなかったのである。

まあ、その頃からかなり「へそは曲がっていた」わけである(笑)

しかしある日突然「読書に目覚める」時がきた。
最初はファーブル昆虫記?だったかもしれないのだが読書の楽しさを知った。
そして高校生くらいになると「加藤諦三」を読みまくった。

そう、井田コーチが書いていた「加藤諦三」であり懐かしかった。

今から思えばなんで「加藤諦三」だったのかわからないが、きっとその頃の心情や心の琴線に触れるものがあったのかも知れない。

そうなると本来「凝り性」なので、あらゆる本を読みまくる。
特に気に入った作家・小説家のものは全作品を読破し、次にお気に入りの作家を見つけては全作読破なんてことをしていた。

今でも紀伊国屋によると、少ないときでも4〜5冊、多ければ10冊以上を抱えて帰ってくることがある。

小学生の時からもっと本を読んでおけば良かったと思うけれど、いまさらのお話し・・・。

小学生には「加藤諦三」は少し早いかな?
posted by ドリドリ at 11:44| 新潟 ☔| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。