2010年07月21日

勝負師は語る

「いままで一番凄いと思った馬はなんですか?」

 真夏の新潟競馬開催がはじまった。

先日、あるつてで新潟開催に来ていた、以前中央競馬ジョッキーで現在は調教助手のF氏と会食の機会を得ました。

現役時代のF氏はもちろん多くの馬に騎乗し、そして現在も調教助手として馬に関わっていらっしゃるので、面白い話や、なるほどというお話しを沢山お聞き出来たので、少しご披露したいと思います。

その前に、競馬のシステムを紹介しておきましょう。

競馬をしない方でも、有馬記念・天皇賞・ダービーなんて名前を聞いたことがあると思います。
このようなレースにはどんな馬でも出走(参加)できるわけではなく、多くのレースに参加して、勝ち抜いていった馬だけが参加出来るわけです。

簡単に言うと、1勝すると500万クラス、2勝すると1000万クラス、3勝で準オープン、その上がオープンクラスとなり、オープンクラスでも、G3・G2・G1という出走出来るレースが決まってきます。

ですから有馬記念・天皇賞・ダービーなんていうレースは勝ち抜いてきた、横綱だけが集まってくるレースということで、サッカーでいえばワールドカップみたいなものなのです。

そんな中で、ほとんどの馬は一勝も出来ず、いわゆる未勝利として引退していくのです。

サッカーで言えば、一番トップが世界の檜舞台にでていく選手、そして国内のトップJリーガー、J2、JFL、地域リーグ等々と似ているかも知れませんね。

私:「一概には言えないと思いますけれど、どんな馬がG1クラスになるのですか?、血統ですか?能力ですか?それとも鍛錬でしょうか?」

F氏:「すべての総合力だと思いますけれど、一番は気持ちだと思います」

私:「気持ちですか?馬に気持ちがあるんですか?」

F氏:「馬は利口です。そして、勝ちたい!という馬が最後は出世していくことが多いですね」

サンデーサイレンスという種牡馬がいたのですが、彼の子どもは気性が激しい子どもが多かったそうです。
しかし、それがレースでは良い方向にでることが多く、サンデーサイレンスは長い間リーデングサイアー(父親として勝ち馬を一番出している)として君臨していました。

私:「トレーニングで成長して印象に残る馬はいますか?」
F氏:「ミホノブルボンでしょうかね。」
K氏:「実際にブルボンをみたけれど、凄い前胸の筋肉と賢さと、他の馬とはまったく違うオーラがでてましたね」

馬と子ども達とを一緒にしては申し訳ないのですが、現在馬たちを育成をしている、調教助手Fの話は参考になる話がまだまだありましたけれど、それはまた後日にでも。

さて、最初の質問の答えです。

「一番凄かった馬は、デイープインパクトですね」

追伸
「馬はゴール板知っているのか?」
馬は自分が走り、ゴールする場所を知っていると思いますか?

これについては、天才ジョッキー武豊と稀代のジョッキー岡部幸夫で意見が違っているそうです。
いつかこの話も書きたいと思います。


posted by ドリドリ at 11:06| 新潟 | ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

七夕の夜

「満天の星空」を見たことがあるだろうか?

私は最初に「佐渡」で海に沈み夕日が西の空を赤く染めてから、その後に降ってくるような星空を見たことがある。
そして「ハワイ」では、「夜空の星」は綺麗を通り越して、あまりの圧倒さに気分が悪くなるくらいであった。(笑)

少年サッカーにかかわるとこんな多くの才能を持った「綺羅星」のような選手に巡り会うことが多い。そして、いろんな理由でそんな「綺羅星」も輝きを失う姿も多く見ている。

大昔、私のチームにも小さい頃から「新潟に○○有り!」なんて言われた選手がいました。
ナショナルトレセンまで選出されましたが、悲劇はこのころから始まったのかもしれません。

これだけ周りから騒がれれば、本人も親御さんも勘違いがはじまるものです。
今、彼は普通の選手になってます。

じつはこんな話は、どこのチームでも珍しくありません。
もっといえば、少しくらい運動能力が高いくらいの選手は、星の数ほどいます。
そしてそのほとんどのキラ星は消えていくのです。

原因はいろいろあるでしょう。

勘違い
友達やチームを大切にしない
自分勝手

なんていう心の部分であったり、身体能力に頼り「技術が足りない」なんてこともあるかもしれません。

「塾生」は七夕の短冊に何を願ったのだろうか?

文責
しばらく畑に出なかったら、トマトのワキ芽が伸びすぎて、本体と区別が付かなくなって少し慌てている塾長






posted by ドリドリ at 00:21| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

とどのつまり

魚の「ボラ(出世魚)」の最終名が「トド」であり、最終的な結果「とどのつまり」と言うようになった。

「育成と強化」なんていうテーマが、サッカーではよく話し合われます。

最近畑をやり、野菜を育てていてとくに感じるのは、「結局、育成なんて偉そうに語るけれど、野菜って勝手に育ってるんじゃないか?」ということです。

「人間は何も育てていない」ということなんですね。

野菜が自然の中で太陽や空気や水を利用して、彼らの生命力で自らの力で育っているのだとつくづくと感じるのです。

それは、特に私の畑は、草取りや水やりはするが無農薬で無肥料というので、余計にそんなふうに感じるのかもしれないです。

このスクールでも「促成栽培」を期待している親御さんは多いようですし、「すぐに上手くなる」なんて思っているのかも知れないですが、そんな方には向いていないスクールだし、「時間はかかるけれど自分で気がつき、自分で育つ」以外には、本物にはなれないのではないかと思います。

とどのつまり、私達は「手助け」することしかできなくて、「育成!」なんて「上段から構えた上目線」や「俺が育てた!」なんて事はありえないのではないでしょうか?

枝豆がそろそろ大きくなってなってきて、早くビールのつまみにならないかとこころ待ちの塾長




posted by ドリドリ at 21:35| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

矛盾の野菜 胡瓜

少年サッカー指導者として海よりも深く、山よりも高く尊敬しているK南のM代表に影響されて、私も今年から畑をはじめた。

畑を!と言ってもちっぽけなものであるが、始めてみるとつくづく畑の野菜を育てる過程と、少年サッカーが近いものだと感じている。

私の畑は「無農薬」は当然として、「無肥料・無堆肥」の自然農法をコンセプトにしている。

「無肥料・無堆肥」で野菜は育つの?

基本的に野菜そのものが持っている生命力と土そのものの力があれば充分に野菜は育つ。

肥料を入れない畑では、地上部分での見た目は、肥料を施した作物よりも遅い。しかし、地中の根はしっかりと張っているから、自然災害や害虫、病気にはめっぽう強くなる。

もうひとつ気がついたのは、野菜っていろんな個性があるということである。

たとえばトマトは、もともとアンデスの乾燥地の原産なので、水がほとんどいらない。
逆に水を与えすぎると、糖度も落ちるし根も病気になりやすい。

きゅうりは「矛盾の野菜」と言われている。
水は必要なのに、水はけが良く乾燥を好むという「やっかい」な野菜なのである。

サッカーで子ども達を見ていると、トマトやキュウリのような個性豊かで、やっかいで、手間がかかることを感じることがあるが、それでも少しずつでも成長していく姿を見ているとそんなことも気にかからなくなるのは、畑と一緒かな?

畑をやりはじめてからは特に、サッカーで子ども達の育成も、肥料をやりすぎない(教えすぎない)ことや、しっかりと根を張らせる(基本技術を丁寧にやり続ける)ことだと思っている。

話は変わる

今年の長野県クラブユース選手権代表は、長野パルセイロだそうだ。
4月から指導者が替わり、今年のテーマは「理不尽」だそうである。

冬場はスキー場で、腰まで雪に埋まりながら、ひたすらランニングで、足にはビニール袋を巻いて、わざとすべるようにしている。

何故ですか?の問いには、「今年のテーマは理不尽」だから・・・。

そんな「理不尽」が実って、今年の長野代表になったのかどうかは定かではないが、肥料をやりすぎてないことだけは確かかも知れない。

最近はこの「ドリブル突破塾」に体験に来てくれる子ども達が多くなってきたけれど、何か特別なことをしているわけではないので、がっかりさせたら申し訳ないと思っている。

明日急に上達する!
目に見えて上手くなる!

なんぞという、雑誌やネットで見かけるサッカー練習方法のコピーではあるまいし、ましてそんな魔法の方法なんてあるわけはなく、それは、私が全国強豪チームと言われるところを見て回った結果なので確かである(笑)



さてさて、もうしばらくすると夏野菜も収穫の時期になるが、こんな肥料を与えすぎない私の畑の野菜にも、知り合いからは引き合いが沢山入っていて、収穫時期には希望者にはおわけしたいと思っている。

posted by ドリドリ at 12:47| 新潟 ☀| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。