2010年06月30日

運?つき?ジンクス?

「○○!君は家でお母さんのお手伝いするか?」
「□□!君お前学校で友達に意地悪してないか?」


「ツキ」の語源は「憑き」からきているそうだけれど、「憑きもの」という第三者的なものが関与しているかどうかは定かではないのだけれど
長い間勝負の世界に居続ける人たちは「運」や「ツキ」を大切することが多いようである。

私も少年サッカーで、組み合わせを抽選で行うときには、その抽選には「キャプテン」ではなく、チームで一番「運の良い奴」に抽選を引いて貰うことにしている。

私の思うところの「運の良い奴」というのは、普段から人間性も含めて「みんなから好かれる良い奴」ということで、エースでFWなんていう選手は、基本的にエゴイストなので、抽選にいくことはないのである(笑)

以前にも書いたことがあるけれど、私は試合に集中していて、CKやFKの時に蹴る前に「これは入る!」と感じることが多々ある。

それは、「これはどうなる?」と考えるのではなく、「あっそうだ!」という何か突然思い出したときの感覚に似ている。

もちろんそれは、いつも訪れる感覚ではないし、こんなことを書いていてなんだけれど、私はいたって「一般ピープル」である(笑)

昔から知り合いにはかなりその手の友達や知り合いが多いのだけれど、「なんの根拠でそんな変なことをいうの?」と聞くと、彼らのほとんどの回答は「だって、そう感じるから」なのである。

私は理科系の人間なので、絶対納得がいかなかったのだけれど、最近はああそうか、彼らは考えるんではなく感じるしかないから、「理由はないけれどそう感じる」と、非科学的なことをいうのだと理解出来るようになった。

サッカーでも、こちらが決定的なチャンスを何回も外し続けると相手に少ないチャンスを決められることがあることを経験的に知っている。

「流れが悪くなる」とか、「流れが来ている」とか、TV中継でも何気なく使う言葉だけれど、決してそれは「科学的根拠」に基づいているわけではない。

「運」というのは、目に見えるものではなく「感じる」ことでしか認識出来ないのであろうか?

「運」には幾種類かあって、誰にでも訪れる運は、金持ちにも、貧乏人にでも、子どもでも大人でも太陽の光が同じように降り注ぐように、平等に訪れる運」と、自らが引き寄せることができる「運」があるらしい。

「シュート打って何度も何度もポストやバーに当たりはじき出されるシュートと、ポストやバーに当たるもゴールに吸い込まれるシュートがあるけれど、その差はなんだろう?」と選手に質問する。

選手達はいろいろ技術的なこととかで答えてくれるのだけれど、私はこいう。

「日頃の行いの差だな。普段から良い子は、サッカーの神様がご褒美をくれるんだよ!」


そして最後にかならずこう言う事にしている。

「今外れたのは、けっして、コーチのおこないが悪いんじゃないからな!!!」

キュウリの花が咲き始め、早くカッパ酒を飲みたいなあと思う塾長

PS:あ、そうそう、ちなみに、昨晩のPK失敗は駒野の日頃の行いのせいではないと思います(笑)
BEST16立派だったと思います。

posted by ドリドリ at 12:26| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

狂気の左サイドバック

日本ではサイドバックが育たないと言われる中で、日本のサイドバック最強の「狂気の左サイドバック」と呼ばれる男がいる。

私が密かに尊敬している都並敏史その人である。

今朝のTVで都並が日本がいかにパラグアイと戦えばいいかを解説していた。
要点はボールを奪ったら7秒以内で、パスは3本、ボールを持ちすぎない、だそうである。

私はそれを聞いて愕然とした。
確か彼は日本サッカー協会指導者最高峰であるS級を持っているはずである。

以前に協会でボールを奪ったら6秒以内で攻撃する!、パスは3本で素早く攻めるといった指導があったことを思い出すのだけれど、この戦術のソースは確かFA公認の「ザ・ウイニング・フォームミュラ」であったと記憶しているが、著者のヒユーズはFAコーチングデレクターの育成責任者であった。

彼は「多くのゴールは5本以内のパスから生まれる」とし、ダイレクトプレーの重要性を説いたのである。

しかし、その後この説は一面真実を含むが、数字を使った単純なトリックであると言われている。

説明は長くなるの省略するが、パスが5本以内というデータは、ボールを奪取した位置が高いことが要因であり、パスの数が多くなると得点立が激減するわけではないということなのである。

興味のある方は是非お調べ頂くと非常に面白いと思う。

また、「ボールを持ちすぎない」理由は、ボールを持ちすぎると、相手にデレイ(DFがすぐに取りに行かないで、自分の味方がくるまで遅らせて、数的有利になるまで我慢する)されてしまうからだそうである。

ようするに、仕掛けないでパスをしろということでなのだろうか?

それではいつまでたっても、攻撃として数的有利は訪れないと思うし、相手をドリでかわすことによりはじめて、攻撃の数的有利性が高まるし、確かにそれはリスクを伴うがリスクを伴わない攻撃はあり得ないわけである。

「ボールも動くし、人も動く」とは、オシムが日本中に広めたし、走る!といったサッカーの原点を思い起こさせてくれた人であることは、皆さんがご存じの通りである。

しかし、バルサは「人も動くしボールも動く」が、人の動きは最小限であると言われている。
ボールを奪取した瞬間は、相手も味方も入り乱れたスペースと時間のない空間であり、そこからボールをポゼッションするには、味方が大きく動き出して、そこへボールを供給する余裕がないので、最小限に動きギャップに顔出しをして、ダイレクトパスで密集を抜け出す戦術だという。

これをやるには、相当な個人技とボールコントロールが必要となり、それを苦もなくやっているように見える、イニエスタやチャビやメッシ達はカンテラ(下部組織)から一緒にやってきたからだとも言われるし、バルサがバルサのサッカーを継承しているのは、下部組織もトップチームも同じサッカーを目指しているからである。

予選リーグを勝ち抜いた日本サッカーはけっして、テクニックとインテリジュンスとアイデアのサッカーではなかったと思うけれど、結果が出てしまえば、これが継承されるのであろうし、これから日本のサッカーはどこへむかうのであろうか?

posted by ドリドリ at 18:03| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

個か?それとも組織か?

日本代表の決勝トーナメントの相手は南米のパラグアイと決まった。

個人的には大変楽しみな試合となり、パラグアイの個と日本の組織というサッカーは、日本サッカーが目指してきた集大成が、個の技術を凌駕するかどうかでもある。

今回のブラジルは、美しいサッカーではなく、勝つサッカーに徹しているように見えるのは私だけだろうか?
監督ドウンガはモウリーニョのように、美しくなくても勝つことは選択したのか?

世界最高のサッカーの祭典は「勝ってなんぼ」であることは理解する。

しかし個人的には、一番最高なのは「美しく勝つ」ことであり、その次は「美しく散る」ことで、3番目は「つまらなくても勝つ」ことだと思う。

ワールドカップもいろんな楽しみ方をしましょう。




posted by ドリドリ at 22:34| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

挑戦しない者に勝利はないんだ!

「なんだと!手堅く完走しろとはなにごとだ。挑戦しない者に勝利はないんだ!」

「言っておくがな、そんなことをしていたら、一生レースでは優勝出来ないんだぞ。」

これは、1991年マツダが24時間耐久レース、ル・マンへ出場した時の伝説のドライバーであるイクスが、監督に言った言葉である。

この年、マツダは奇跡的に残り4時間を残した時点で2位につけていた。そのことを監督は日本の本社に報告したら、「手堅くいけ!完走できるだけでも上出来だ」との指示を受けた。

ル・マンは完走するだけでも大変なレースであり、その頃のマツダもまだまだ車の技術や性能は今に比べれば劣っていた。
だから、本社としては「2位で完走だけでも充分な宣伝効果である」と判断したのであろう。

しかしイスクはその指示を無視し、先頭を走るメルセデスの性格を読んで、逆に大幅にタイムを縮める積極策に打って出た。
焦ったメルセデスは、縮められた9秒差を挽回しようとアクセルを踏み続けた。

その結果が裏目となり、オーバーヒートを起こしてリタイアに追い込まれ、その結果、マツダがトップに躍り出てそのまま優勝してしまった。

日本がルマンで優勝したのは、後にも先にもこのときだけである。

イスクも性能が決して良くない車で積極策にでることは、リタイアに追い込まれるリスクを背負ってのチャレンジであったわけである。
しかし、そうしなければ優勝はなかったということでもあり、「挑戦しない者に勝利はないんだ!」というのは、彼のドライバー人生で得た教訓なのであろう。

南アフリカのワールドカップは予選リーグが3節目となり、俄然面白くなってきた。
というのも、1節・2節は両チームとも「負けない試合」や「勝ち点を失わない」試合が多くて、「挑戦」する試合が少なかった。

しかし、今朝のドイツvsガーナやオーストラリアvsセルビアはどのチームも勝てば予選突破の可能性があるので、「勝つしかない!」という試合は、見ていて本当にワクワクした。

それは、リスクを背負い相手ゴールに迫る!という本来サッカーというスポーツが持っている楽しさを味わえるからである。

「挑戦しない者に勝利はないんだ!」
余談である。

私は、モーウリーニョの堅守速攻カウンターよりも、グアルデオラのサッカーが見ていて面白いのは、リスクを背負い挑戦し続けるからである。

来年、モウリーニョがレアルマドリーの監督に就任するという。
勝利のためとはいえ「銀河系軍団」が規律とカウンターでは、イメージが変わるなあ(笑)







posted by ドリドリ at 06:55| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

アフリカ(2)

南アフリカではワールドカップが開催されているが、ワールドカップは「内容より結果」が重視される大会とも言われている。

先日のオランダ戦も、日本代表の前半はリトリートして自陣にあれだけ敵味方がいればスペースもなくなり、強力攻撃陣のオランダといえどなかなか得点は難しかったと思う。

カメルーン戦も似たようなものであるが、とにかく勝利を優先すればあのような試合展開となるし、3戦目のデンマーク戦も引き分けでもいいのだから、同様な展開となりそうである。

スペインの第1戦も攻撃するもなかなか得点出来ないけれど、でもサッカーは見ていてワクワクする。

これからのサッカーはインテルを優勝に導いたモウリーニョのカウンターサッカーか?スペインのポゼッションサッカーに、分かれるといわれているが、モウーリニョも97からバルサでアシスタントコーチをしていたのだから、当然ポゼッションサッカーも熟知しているのだろうが、勝負に徹すれば今のスタイルになってしまったのかもしれない。

「内容なのか?それとも勝負に徹するか?」

個人の好みとなるのであろう。

日本代表はバイタルやペナルテイでドリブルでの仕掛けが少ないのは、技術がなくてやれないのか?それとも監督の作戦か?

ともかく見ていてもあまり楽しくないのも私の個人的な好みの問題である。

「ライオンは寝ている」という曲があり、私はアフリカというとIn the jungle, the mighty jungle
The lion sleeps tonightではじまるこの唄を真っ先に思い浮かべる。

歌詞の内容は「今晩はライオンは寝ているから、安心してゆっくりお寝なさい」という、アフリカの子守歌だと言われている。

一説には「ライオン数が減ってしまい、それを憂うライオン保護の唄」であるとも聞いたことがあるけれど定かではない。

今日の動画はそんな「ライオンは寝ている」を紹介しましょう。
次回のワールドカップ日本戦までは、ゆっくりと安心して眠りましょう!

無農薬きゅうり栽培で「うどん粉病」駆除に頭を悩ます塾長でした。
posted by ドリドリ at 18:04| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

アフリカ(1)

「ゾウにギター聞かせてどうすんだ?」

その昔、アフリカに旅立つ友達に、この台詞を言っていたCMがあったけれど、アフリカというと皆さんは何を思い起こすであろうか?

現在、南アフリカでWカップをやっているが、私はアフリカと聞くと2つの歌を思い出すが、今日はその一つの話。

1985年に、「USAフォー・アフリカ」として、当時の有名なミュージシャン45名が参加して作られた、ウイアーザワールドという曲が作られた。

そして、この曲の印税は、「アフリカの子ども達の飢餓と貧困層解消するために使われた」

ソロパートで唄っている順番は以下のとおりであるが、個人的には「オウオウオウオウ」と唄いながら、前に出てくる、シンディ・ローパーがお気に入りである(笑)

以前、私の受け持った学年で「ゴール貯金」なるものをしていたことがあり、それは公式試合・練習試合で、ゴールを決めたら「1点につき、100円を貯金しておいて、年末にユニセフ等を通じてアフリカへ送る」のである。

100円は子ども達ではなくコーチ負担である。(笑)
試合数もかなりあるチームなので、多い年には100ゴールはあったけれど、「お前のゴールが世界を救う!だから、チャンスにゴールを外すな!」という笑い話も懐かしい。

これは、私達のチームが慈善家であったという話をしたいわけではなく、選手達には「世界では君たちと同じ年頃の子ども達が、大変な思いをしている」ということを伝えたかったこともある。

そして、そんな考えに至った理由がある。
新潟県では数年間のうちに、中越地震や大洪水や大雪と、立て続けに自然災害の被害にあい、その時に本当に全国の多くチームが助けていただいた経験があったからである。

地震で倒壊した体育館では、冬場で練習も出来ないだろうと、冬期間に何度もグランドへ試合に呼んでくれた埼玉のチームや、大洪水でボールやスパイクが流されてしまった選手に、サッカー用品を送ってくれたチーム、そんな多くの人たちに支えられたのである。

ウイアーザワールドのソロパート順

ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモン
ケニー・ロジャース、ジェームス・イングラム、ティナ・ターナー、ビリー・ジョエル
マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス
ディオンヌ・ワーウィック、ウイリー・ネルソン、アル・ジャロウ
ブルース・スプリングスティーン、ケニー・ロギンス、スティーブ・ペリー、ダリル・ホール
マイケル・ジャクソン、ヒューイ・ルイス、シンディ・ローパー、キム・カーンズ

ボブ・ディラン
レイ・チャールズ
スティーヴィー・ワンダー、ブルース・スプリングスティーン
ジェームス・イングラム、レイ・チャールズ

次回はアフリカその2
ライオンは寝ている
posted by ドリドリ at 13:30| 新潟 | ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

濱田コーチのテクニック

サッカースクールドリブル突破塾のテクニカルアドバイザリー濱田コーチの動画です。
秋には一度、生で濱田コーチのテクニックをみんなに見て貰おうと思っています。


突破塾では最近、1対2から、股抜きか頭上抜き(シャペウ)をやってますが、シャペウテクニックに使える技が満載です!

posted by ドリドリ at 23:41| 新潟 ☁| ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

カッパ(河童)酒

九州のある地方では、河童(かっぱ)酒なるものがあるそうです。
それは、グラスにキュウリのスライスを入れて、焼酎を注ぐというもので、キュウリと河童をかけてあるというところでしょうか?

お味はと言うと「キュウリの香りが焼酎とマッチして美味い!」らしいのです。

しかしながら、ある農家では「とても怖くて河童酒が飲めない」というのです。それは、河童がきゅうり欲しさに家に訪ねてくるという話ではなく、きゅうりに散布される農薬が恐ろしいというのです。

虫が食べて死んでしまう農薬を人間がたべて平気なわけがない。ということです。
トマトやキュウリは水が苦手な野菜で、雨降ると病気が発生するのでそのたびに農薬を散布するらしく、40回〜50回は農薬散布がおこなわれるそうです。

それでは何故こんなにも農薬を散布しなければならないか?
いろいろ要因はありますが、ひとつは害虫や病気の発生を抑えること、それによって収穫量を上げることもあります。

それでは、なぜ病気や害虫が発生するのか?

「奇跡のりんご」の木村さんは、「土が健康なら虫も雑草もでてこない」と言っています。
そして健康な土とは「人工的に肥料を与えすぎない」ということだとも話します。

肥料過多により、その過多になった肥料を中和するために虫が発生する。
そしてそのために農薬を散布する。

最近の少年サッカーはまさに「肥料過多」ではないかと思うのです。
「ああしろ」「こうしろ」、そこは「ボデイシェープ」だ、そこは「ワンツー」・・・
子ども達は自分で考えることもしないし、指導者のいうことを聞かないと怒られるから、「失敗しないプレー」だけを選択するようになり、型にはまりみんなが同じスタイルになり、面白みもないサッカー選手だけが生み出されていく。

肥料を極力与えない作物は、当初は肥料を与えた作物に比べて、育ち方が遅いです。
しかし、それは地上部分であり、土の中では自ら栄養を探し回るためにしっかりと根を張り続けているからです。

その根がしっかり張ったところで、地上部分が育ち始めて最後は肥料を与えた作物とも同じようになります。
しかし、それだけでなくその作物は、根がしっかりしているので、自然災害にも強く、病気にも強く、なにより健康な作物として育ちます。

ドリブル突破塾では、まずは丈夫で土台をしっかり支えることが出来る根を張ることに力を入れています。

最近安全な河童酒を飲むために、畑にきゅうりを植えた塾長
(M先生のブログ風でしたね(笑))
posted by ドリドリ at 08:58| 新潟 | ドリブル突破塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。